ぽっちむの庭

土いじりに憩いのひと時を・・・・・ ぽっちむの徒然記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

万年青株分け・植替え

今年一月に家を新築した際、ワタシの実家から贈られた万年青。
万年青植替前


『この葉っぱのは珍しいのよ?』と、もったいぶって持ってきた割に
どうみても茂りすぎの状態。
『植替えせんとアカンねんけど、いいやろ?』と、そのまま
置いてゆきました。イイも悪いも返事する前に。。。。。


水遣りはちゃんと欠かさなかったので、春からどんどん新芽が
成長しています。おまけに花まで咲きました。
よりいっそうこのままではどうしようもなくなってきたので
株分け・植替え決行です。


全く持って知識がないので、ネットで『万年青』にて検索。
時期的にはベストシーズンは5月くらいまでらしいのですが、
この際片目を(いやいや、ほとんど両目を・笑)つぶってやっちゃいます。

ひゅうが砂

家の付近では一番品揃えのある園芸店でも、なかなか専用の砂が
みつかりませんでした。
とりあえずこれで代用できるらしいので、大中小粒3袋購入。

鉢から抜いたところ

信楽焼の鉢を割らないよう丁寧に回し叩いていてもウントモスントモ。
ええい、これでもか?、と無理やり底穴から押し上げて引っこ抜いたら
こんな状態でした。
今までカワイソウになぁ・・・・・

株分け完了

ネットで拝見した手順どおり、根を水洗いして古い根っこと土を落しきり、
うまく株分けできました。
大元の『芋』の部分はそれ以上株分けする勇気がなかったので
そのままです。
(写真左上の株)

大粒日向砂1/3

まずは用意した鉢と元の鉢、合計3つに大粒の日向砂を鉢の3割ほど入れます。

中粒日向砂1/3

その上に万年青を乗せ、割り箸を使って根っこを広げつつ
中粒の日向砂をこれまた3割ほど。
根っこのすきまにもちゃんと砂が入るように、割り箸で突っつき、
砂を落ち着かせるために鉢をトントン叩きます。

小粒日向土1/3

そして小粒の日向砂を鉢の9割あたりまで。
だいたい万年青の首元まできました。

水に1分浸します

鉢のまま水に一分ほど漬けます。
乾燥していた日向砂が一気に水を吸って、ぷくぷく鳴るのが面白い!
ここで万年青の高さを微調整できます。

位置決め

位置決めまで終わり。
なんとなくそれなりに見えます。

水ゴケを乗せて完成

最後に水ゴケを乗せて完成で?す!!

玄関にて養生

5?6日は日陰に置いて充分灌水活着させるとよいそうです。
が、しかし、ウチの敷地は一日のうちで必ずどこかしら日照があります。
なので玄関に置いておき、夜のうちにたっぷり水をあげるように
しようと思います。
(北向きなので直射日光は入らず一日中ほの明るいので。)


なんとなくちゃんとできた風に見えますが、果たして枯れずに成長できるのでしょうか?
万年青の生命力に賭けてみます。
(消極的だなぁ・・・・・笑)


スポンサーサイト

テーマ:サボテン・多肉植物・観葉植物 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pocchim.blog66.fc2.com/tb.php/46-b897f45a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。