ぽっちむの庭

土いじりに憩いのひと時を・・・・・ ぽっちむの徒然記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さな陶芸家今年の最新作

玄関前のコニファーのふところ葉を落としていたら、発見!!
サイズは直径2センチ

ゴールドライダーにまたとっくり

ゴールドライダーの葉っぱにくっつけてました。
なんて不安定な場所に作ったんだろ。
直径2センチあまりのかわいいトックリです☆

ドロバチモグリバエに気をつけてねぇ・・・・・・

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

太ったカマキリ

大きくなった八朔たちに、落としきれていなかった卵から孵化した
アゲハチョウの幼虫を見つけたのは10月初旬。
秋も深まりつつあるので今年最終の仔だろうなと、
八朔の葉っぱを食べさせてあげることにしました。
2匹いた幼虫たちは脱皮をくりかえしつつ、最終齢の幼虫に。

しかし、ある日忽然と、二匹同時に居なくなっていました。
若干大きさが違ったので、同時に蛹になったとはありえない。

その日から遅れて、最初1.5センチくらいしかなかった
尺取虫くんが、これまた5センチくらいに成長していたのに
忽然といなくなっていました。

鳥のエサになったのかな?

今日、犯人が八朔にいました。
ぶら下がりカマキリ
この太った腹は間違いなさそうな・・・・・

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

ちいさな陶芸家新作

クロッカスを植えるために、日陰干ししていた素焼き鉢を出してきたら。
トックリ
鉢のへり、に徳利発見!


トックリ斜めから
徳利の口元なんて、見事な出来映え。

徳利の口が開いていたので、中はもぬけのカラなんだろうな。
壊すのももったいなかったので、このままクロッカス植えました(笑)

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

発掘作業?? 

日没再試合?となった後、ようやく時間が取れたので
再度取り外しにチャレンジ。
のこぎり代わりの玄関鍵、カッターナイフの二つを駆使して
取り外しにかかりました。
外す直前
取れる直前。
正面上部の穴のほかにも、幹に引っ付いている下のほうにも
隙間が開いていました。
ここからもハエは出て行ったのか??
その隙間にカッターナイフを入れて地道に削ってると程なく。
外れた跡
ぽろりん、と外れました。
巣は無傷!達成感(笑)
巣
ずっしりとした質量があります。
まさに芸術作品だなぁ・・・
中は二部屋
中は上下で二部屋に区切られていました。
びっしり詰まったハエの蛹と、黒く干からびたスズハチの幼虫?エサの虫?らしき残骸が・・・
大きさ確認
上の部屋の出入り口は元々のハチ母が作ったフタを使った模様。
下の部屋のフタは真ん中にそのまま残ってますね。
下の隙間から侵入したのかな?


今日の段階まで削る前は、しっかり何層にも外壁があったわけだけど
そうするといつの段階でハエは巣の中にもぐりこんだんだろう・・・

悩みはつきない。。


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

発掘作業??

ハエ大発生後、ウンともスンとも動きのない、スズバチの巣。

巣の周囲にこれまた見たことのない、アリがうろうろ。
こりゃ、巣を発掘してみるか・・・


巣取り崩し
鍵の先っぽでつつくと、ぽろぽろと表面が剥離してきました。

うまいこと、巣ごとぽろっと取れないか、画策。
上下削る
上下の幹にくっついてる部分から削ってみました。

中央の穴から時折、アリのお尻が見え隠れ。
ついにアリに占拠されてしまったのか?
自然の摂理とは言え、スズハチがかわいそう・・・
日没となったので、続きは次回。。。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

なんじゃこりゃああああ?? ?

朝、玄関前のコニファーに水遣りしようと
玄関引き戸を開けたらば。。



げげげげっ。
げっ

なんじゃこりゃああああ??
20匹以上

一目見て、ゆうに20匹はいるような・・・・・
スズバチの巣、のはずでは???

とりあえず、水は撒いてみる。
ハエ、飛び立つ。
穴が開いてる

昨日まで無事だった巣、には穴が開いてました。

あやつらの巣、だったのか???

困った時はネットで調べよう!(笑)
ハエ、スズバチ、寄生、でググッて見たら。

ドロバチヤドリバエ
スズバチに寄生する、らしい。


もしや、この間のトックリ、の中に残されていた蛹の殻も
コヤツらのモノではなかろうか・・・・・

もうしばらくしたら、泥の巣をこわしてみようっと。
ああ、びっくり?

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

巣立った後の空き部屋

今日も35度を越した猛暑日でした。
南庭の掃除を夕方してました。
出しっぱなしのネットを片付けようとすると
たぶんスズバチ
きれいなトックリ型ではなく、土団子のようにまんまる。

直径2センチくらい
玄関にあるような、でっかいものでもありません。
穴が開いているので、既に羽化した後と推測して中を見てみました。

やたら固い。移植ゴテで叩き割ると、中から空の蛹がばらばらと出てきました。
中には蛹の抜殻7こ
長さ6?7ミリ程度の赤茶色でした。

巣のなかは一部屋でした。この中で7個も羽化したとはオドロキです。
これもスズバチの一種かな?

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

なんじゃこりゃああああ??

夕方、玄関先でふと目線をコニファーに向けたら。

コニファーについていた

ん?
なんだこりゃ

なんじゃこりゃああああ??

泥、でこねこねしたっぽい、直径5センチほどの丸い塊が
コニファーの幹についていました。

去年の夏、南側の庭のコニファーについていたのは、
直径2センチくらいのちいさな徳利型の泥こねこね作品でしたから
すぐにトックリバチの巣とわかったんだけど。

今度のは、とっくりの『口』がない。

ネットでとりあえず検索ワード『トックリバチ 巣』で探してみると。



・・・・・どうも、スズバチの巣、であることが判明。

玄関先には土はないので、南庭から運んできたのかな?
今回はちゃんと孵化するまで見守ってあげようっと。

それにしても、いつの間に作ってたんだろ。。。



22:50 追記
スズバチ(鈴蜂)
黒色で胸部が細長く、腹部中央部と胸部上部に橙色紋がある大きなトックリバチの仲間。
泥で、鈴のような形をした つぼ状の巣をつくる。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

うどんげの花

庭側のホーキを使ったので、ちりとりのクリップ部分に
立てようとしたら。
うどんげの花

こんなん、おりましたけど??



*追記*

うどんげ「優曇華」・インドの想像上の植物で、三千年に一度花を開き、
その花の咲くときは金輪王が出現すると言い、また如来が世に出現すると伝える。

実際は昆虫クサカゲロウの卵が草木の枝や古材や器物などについたもの、
約1.5センチの白い糸状の柄があり、花のように見える。
優曇華が三千年に一度開花するところから極めて稀なことのたとえ。
通常は卵が音符のように付いているが花が開いているものは珍しいと言う。   広辞苑より

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

頑張ってます

いつのまにやらこんなに大きくなっていました。
庭の見張り番

ひまわりの害虫退治を黙々とこなしてくれています。
だからこんなに育ったのかな?

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

前のページ 次のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。